b0368380_20340145.jpg
座間味から船で15分位にある阿嘉島のオキナワカラス!慶良間のオキナワカラスは尾状突起が太いしグワッと湾曲してカッコイイー!!♂は沖縄本島の個体と尾状突起の太さ以外に後翅の赤紋の発達具合も違う、これだけ赤紋が発達していると飛んでいる時に♀と見間違えます!
[PR]
# by erebia_tenninkyou | 2018-05-08 20:38 | オキナワカラスアゲハ | Comments(0)

5月6日三浦半島

b0368380_19205061.jpg
キアゲハ 残念な事に尾状突起が無い
GW最終日は何だかんだで三浦半島。朝から体調が悪かったが山に行けば治るだろうと思い出発。到着すると風が強く日が出ている割に寒い。強風に吹かれていると段々体温が落ちて体調が悪いのがぶり返す。今日位は出かけないで家でのんびりしていれば良かったと後悔するも、昨日ミヤマカラスを採ったポイントで粘る。
b0368380_19313736.jpg
粘ったものの蝶の飛来が非常に少なくカラス、クロ、モンキが時折飛んできては消えて行き、アゲハ、キアゲハがテリトリーを張るのに目の前で翅を広げているだけであった。
午後になってミヤマカラスが飛ぶ時間になるも風は昨日以上に強くなり、雲が太陽を隠し寒くなってしまった。体調が悪いのがピークに達したので撤退。家に帰りシャワーを浴び薬を飲んで横になる。明日から仕事なので今日はこれにて。

[PR]
# by erebia_tenninkyou | 2018-05-06 19:37 | 三浦半島の蝶 | Comments(0)

b0368380_19021852.jpg
横須賀市産東京湾側のミヤマカラス!!
GW後半戦の一発目は三浦半島のミヤマカラスアゲハ!ブログの読者なら分ると思うけど、数日前にとある場所に3回通って採集できてしまったのだが、自分が一番採集したかった3年ほど通っている場所がある。昨年はGW9日の休み中には7日間通いNullを味わった場所である。今日はのんびり起きてダラダラしていたら出発が10時前ポイント到着が11時過ぎと随分遅くなってしまった。オマケに風が強い。
自分がいつもやっている場所に陣取ると風がびゅんびゅん、蝶は飛んでても吹っ飛ばされていく。顔ぶれとしてはモンキアゲハ、カラスアゲハがメインでジャコウのメスが時々飛ぶ程度。サトキマとコジャノメは割と多く、もう春と言うより初夏の装いだ。蝶もアゲハ類は全般的に破損個体で、もう春のアゲハ類は終わりと言った感じである。
あまりにも何も居ないので移動、アカボシゴマダラの白い春型とゴマダラチョウが追いかけっこをしているが高いところを飛んでいるので採集できず、時折降りてくるアカボシを何頭か採集し吹き上がってくるカラスと遊んだりしていると、何か変な蝶が!ネットインすると・・・・
b0368380_19321052.jpg
ミヤマカラスやんけ!この間のタイプとは違って青っぽい感じの個体だ。
3年採集できなくて諦めたこの場所の蝶が今手中にある・・・感慨深い。こうなると欲深い自分の事である。完全にミヤマカラス狙いに移行。また暫くアカボシやカラス、ナミアゲハと遊んでいると・・・・
b0368380_19321499.jpg
もう一頭キター!!今度は緑系のカラー
この個体は後翅裏面の白い帯が殆ど無く、危うくリリースしかけてしまった。前翅表の帯と後翅表の帯を確認しないと分らない位であった。その後は風も強くなり日当たりも悪くなって飛来も無くなったのでここらで撤退。
本日得られた2♂を見るとサイズ的には先日の個体と同様の大きさであるが、後翅裏面の白帯発達が非常に悪い印象であった。こうなるとラストの一日もここでミヤマカラス狙いと行きたくなりますね。

[PR]
# by erebia_tenninkyou | 2018-05-05 19:51 | 三浦半島の蝶 | Comments(0)

b0368380_21262030.jpg
今日は仕事で出勤でございました。んでもって明日は悪天候・・・と言う事でチョットばかし標本自慢を、この間の座間味島のオキナワカラスです。う~んカッコいい!
自分のブログの採集記の記事は出来るだけ新しい情報を早めに発信する様に勤めています。シーズンの話題を「これはまたそのうち」なんてダラダラ間延びさせて、昨年の話題を今年の記事にしたくは無いですし、来年の今頃去年の採集記を書こうと思っても忘れてしまいますから・・・
ま、採集に行ったら早めの頻度で更新しますわ。

[PR]
# by erebia_tenninkyou | 2018-05-02 21:54 | オキナワカラスアゲハ | Comments(0)

4月30日信州ヒメギフ

b0368380_21141277.jpg
採集ポイントよりすっかり雪は無くなっている
ミヤマカラスの呪縛から解き放たれたので久々(なんと18年ぶり!)にヒメギフチョウの採集に行く事にした。撮影自体は白馬で数年前にイエローバンドも含め撮影成功しているが、採集はと言うと高校生の頃にやったきり。あの頃は駅の裏にもいたんだよねねぇ・・・・(遠い目)さて自分のここら辺の蝶の知識はやや古く信憑性に欠けるが、有り難い事に知り合いの方に色々アドバイスを頂き今回行く場所を決定。情報収集を欠かさないのは成果に大きな差が出るのだ。
始発の特急で一路信州を目指し、バスを乗り継ぎ10時頃にはあっと言う間にポイントの近くに。天候は晴れ、鳥の囀りに、カラマツなどの林、爽やかな風、最高のシュチュエーションだ。初夏の日差しの中歩いていくと、いかにも良さそうな小路が。
b0368380_21345660.jpg
暫く歩くとミヤマセセリが足元のスミレを行ったり来たり「流石にここからヒメギフはでねーよなぁ」なんて呟いていると小型の黄色い影が斜面の上から降りてきた!「ヒメギフっ!」ネットを振る。ネットの中に居るのはまさしくヒメギフ。
b0368380_21090515.jpg
こんな小型だったかなぁ・・・って位小型。
綺麗な蝶だなぁ、高校生だった自分は初めて見た時に体が言う事を聞かなくて、タコ踊りみたいにギクシャク何度もネットを振ってゲットしたっけ・・・・あのときの様なギクシャクは無く落ち着いてネットイン出来た分、少しは成長しているんで有ろう。
b0368380_21444418.jpg
更に進むと、ポツポツ飛んでいるがどうも間が悪い。取り込みの最中だったり、林に中だったり・・・・
b0368380_21372717.jpg
もうヤマキマも飛んでいる。他にはコツバメ、ミヤマセセリ、スジボソヤマキ等が時折姿を現す。しかし正午を過ぎた辺りで雲が出始める。風も冷たくなってきて完全にヒメギフは終了。
b0368380_21532644.jpg
少し散策し扉の写真を撮影した辺りでミズバショウを見て終了。ま、複数のヒメギフも採集できたし良いかな?

[PR]
# by erebia_tenninkyou | 2018-04-30 22:13 | 採集旅行 | Comments(0)