9月8日雨の美ら島

b0368380_22284716.jpg
オオゴマダラ 小雨の中雨宿りなのか松の幹で休む
座間味二日目はやや雲が出ているものの晴れ。カラスの♀は8時半~10時半位のまだ気温が上がりきらない時間が狙いなので朝食を食べ終えたら一服して出発。昨日も会った村内のペンションのオッチャン(去年も今年の春も会っていて顔を覚えられている)に「採れると良いねぇ」なんて言われながら山に登って行く。

カラスのポイントで待っていても蝶が全然姿を現さないので移動・・・やっとハイビスカスに来ているカラスの♀を採集!けどやっぱりと言うか蝶の姿が少なく後が続かないのでまた移動。ウラナミの時間には早いが、昨日出た個体が残っている事が有るのでウラナミポイントを見て1頭ウラナミを採集!その他にはオオゴマダラの♀、リュウキュウアサギ、ツマムラサキを拾う。

と、採集した蝶を取り込んでいるとポツポツ顔に水が・・・雨かぁ。小雨ながら降ってきてしまった・・・今回は天気が安定せんなぁ。ま、この程度だったらと思っていたら一気に勢いが強くなってザンザン降り!南国特有のスコールって奴だ。しゃあないのでお茶を飲み、パンをかじり休憩。
b0368380_23145734.jpg
オキナワカラスアゲハ♀ 夏の時期の割には赤い月型紋が発達する
やや雨脚が弱まり小雨の中歩くとオキナワカラスが葉の上で休憩しており、今回はオスもメスも両方見ることが出来た。カラスの撮影チャンスはハイビスカス等に来ている姿が多いが、翅を全開にしている事は少なく更には陰になって斑紋が黒潰れ気味になる事が多いが、雨天時は翅を全開にしてくれる上に強すぎない自然光が当たり斑紋が綺麗に写せるので好きだ。
b0368380_23242926.jpg
オキナワカラスアゲハ♂
こんな事をやっていると時間はもう昼も過ぎて1時過ぎ。おなかも空いたので一回下山。
b0368380_23345000.jpg
昼飯のカツどんにイカの天ぷら
雑貨屋に行くとカツどんに天ぷらが有ったので購入!それにビール!!!!野菜が無いのがちょっとだけど、まぁたまの旅行だ!そんなの気にしない!宿でシャワーを浴び、汗と雨に濡れた服を洗濯機にぶち込む、採集品を整理しつつカツどんをビールで流し込み適当につけたテレビを見る・・・そのうち腹が満たされビールが回りうつらうつらしてくる。幸せだ・・・
b0368380_23332542.jpg
3時も過ぎた頃、再び採集を再開。林道は雨が上がっているが湿度が非常に高く蒸し風呂の様な暑さだ。リュウキュウムラサキやツマムラサキがセンダングサに止まって吸蜜し、オオゴマダラが頭上を飛んでいく。リュウキュウラナミも飛び出し林道脇の側溝をチラチラ意地悪に飛んでいる。採集しにくいが今回の旅の目的はリュウキュウラナミジャノメなのでキッチリ採集していく。
b0368380_22270398.jpg
リュウキュウラナミは名護で初めて出会って以来好きな蝶で、この後翅の白い波模様が良いのだ。
b0368380_23523433.jpg
何かの糞から吸汁している。
リュウキュウラナミを採集しつつ林道を歩いていると、路上に何やら動く影が・・・ヤドカリだ!しかもやたらデカイ!
b0368380_23554803.jpg
ちょっとしたサザエみたいだ。
b0368380_23544095.jpg
モソモソと動く姿は何とも可愛らしい
b0368380_23571114.jpg
正面からよく見るとチョット怖いけどカッコイイね!
ヤドカリに別れを告げてリュウキュウラナミを採集していると、小刻みにせわしなく飛ぶアゲハが居たので採集するとジャコウアゲハ!春には破損した1♂1♀のみの採集であったが今回はピカピカの小型の♀!!!何気にこの島はジャコウアゲハが少ない気がするので嬉しい収穫だ!
b0368380_23582253.jpg
と言うわけで本日はリュウキュウラナミジャノメ、リュウキュウヒメジャノメと思いがけぬジャコウアゲハの♀を採集することが叶いホクホクであった。お楽しみの夕食はソーメンの炒め物、ラフテー(豚の角煮)おふの和え物等美味しい物ばかりでで最高でした!

[PR]
# by erebia_tenninkyou | 2018-09-12 00:14 | 採集旅行 | Comments(0)

9月7日美ら島へ

b0368380_22050298.jpg
いつもの安護の浦を望む風景。座間味で一番好きな場所です。

今年も大好きなあの島に行く事が出来た。今回の主目標はリュウキュウラナミジャノメ!!あれ?オキナワカラスじゃないの?と言われそうだけどオキナワカラスは昨年の夏、今年の春とまずまずの数を採集出来たので良い個体を狙って選ぶ程度に留めて、昨年そこまで採集できなかったリュウキュウウラナミそこそこの数欲しいのだ。

6月7日夜中の2時に羽田を発ったスカイマークは5時に那覇に到着。飛行機内でも少し寝たが睡眠が足りないのか、飛行機を降りてからと言うもの酷い頭痛で移動するのもしんどい。末吉公園でツマベニでも採ろうか?と思ったが、こうなるとどうしょうもないので空港のベンチで横になる。目が覚めると思いのほか寝れたようで7時過ぎになっており、その頃には頭痛も和らいでいたので移動開始。ゆいレールで美栄橋、そこから徒歩でとまりんビルまで歩く。離島行きの船の受付は8時からなので、かまぼこ屋で朝飯と昼飯の弁当を購入。ジューシー弁当とカレー弁当・・・各380円だがボリュウムはタップリで朝からかなり食った気分になる。

もう三回目なのでチャッチャと乗船手続きを済ませて足早に船に向かう。まだ頭痛も酷いし窓際の席に陣取り寝ることにする。こんな状態で起きていたら多分もっと体調が悪くなり、島に着く頃には採集どころでは無くなるだろう。昨年はそんな状態で熱中症二なりかけた・・・寝てしまおう。船の汽笛に目が覚めるともう座間味の少し手前で、美しい座間味の海が目に入ってまた座間味に来たんだ!とテンションも上がる。

いつものペンション星砂に荷物を置いて飲み物を買って早速採集へ!小・中学校の生垣のハイビスカスにカラスの鮮度はいい物の尾状突起が破損したメスが来ていたので一先ず安心。ネットを組み立て何度も行き来した道を登って行く。いつものカラス♀のポイントで少し待っていると♀が飛んできました!そりゃっ!
b0368380_23003427.jpg
良いねぇ・・・やっぱりカラスは最高だな!

それから暫く待つもどうも飛来しないので移動。ハイビスカスの生垣にはモンキアゲハ次々と訪花しては飛び去りツマベニチョウはネットも届かない上空を飛んでいる。目の前に見慣れぬアゲハが飛来したので採集するとシロオビアゲハのⅡ型(ベニモン型)であった。
b0368380_23110882.jpg
b0368380_23204880.jpg
毒蝶であるベニモンアゲハへの擬態もバッチリでパッと見大きさも近いのでベニモンアゲハに見間違えそうになる。

その後はどうも成果が振るわない・・・アゲハはモンキばかりで昨年多かったナガサキも少ないし、その他はオオゴマダラ・ツマムラサキがポツポツで春にソコソコ居たリュウキュウヒメジャノメも居ない。別のリュウキュウウラナミジャノメの居る林道に少し早いが行ってみると、松の幹に緑色の異物が・・・・
b0368380_22054650.jpg
オキナワキノボリトカゲ 中々カッコイイと思う。

オキナワキノボリトカゲじゃないか!!前回シリケンイモリは見ることが、コイツは見ることが出来て居なかった!虫じゃあないけど嬉しい出会いだ。シャイなのか、もう少しと思い近付くとサッと幹の裏に隠れてしまった。

更に林道を歩いて昨年リュウキュウムラサキを採集した場所に行くが、ツマグロヒョウモンが居るだけで、ただただ暑いだけであった。その先の夕方にリュウキュウラナミを狙う場所を歩くと・・・いました!いました!リュウキュウラナミ!!ブッシュ付近をチラチラ、チラチラ、何ともいやらしい飛び方をして採集しにくいが落ち着いてネットイン!
b0368380_23322609.jpg
このベットリと後翅に付いた白いウラナミ模様がたまらねぇぜ!

この後昼頃から3時位まで雨が降り採集中断・・・その後夕方まで粘って7頭のリュウキュウラナミをゲット!不安定な天気の中でコレだけ採れれば上出来でしょう。
b0368380_23312009.jpg
お楽しみの夕食タイム!今回も美味しかった!!

[PR]
# by erebia_tenninkyou | 2018-09-11 00:07 | 採集旅行 | Comments(0)

8月19日平成最後の紅日陰

b0368380_20490680.jpg
ベニヒカゲ♀ 初秋の空の下ヒヨドリバナで食事
夏季休暇最終日は友人と上越地方のベニヒカゲを求め出かけてきた。18日夜中に出発し19早朝には採集ポイント間近に到着・・・さ、寒い!温度計見ると12度!!ええ~~もう秋を通り越して冬かいなぁ・・・ま、車の中で仮眠するんで関係ないけどね。何か暖かい物をと思ったけど日中は暑いのか「つめた~い」しかない。

7時過ぎに目を覚ますと、日が射してきて気温も上がってきた。8時頃に出発。ポイント手前の駐車スペースに車を停め、採集用具を持って山へ登る。北海道は車降りたらベニヒカゲだけど、本州の採集出来るベニヒカゲは基本山へ登らないと採れんのだ。と言ってもここはクモベニを採るに比べたら登りも緩いし、アプローチも短いのでのんびりベニヒカゲをエンジョイするには持って来いだ。夏季休暇中は家に篭りっきりで体力が落ちたかな?と思ったけど、そんな事は無く汗がジットリと滲むがばてる事無く一番キツイ登りを登る事が出来た。
b0368380_22523454.jpg
緩い登り道を歩いていくと道中ヒヨドリバナは咲いているがアサギマダラ、ヒメキマダラヒカゲ位で、前はポツポツ居たクジャクチョウやエルタテハが全く姿を見せない。最近クジャクチョウやタテハ類が減っていると知ってはいたが、生息地を歩くと実際に減っていると言うのを実感させられる。
b0368380_22012322.jpg
ピカピカのメスだ!
暫く歩くと以前ベニヒカゲの姿が見られた場所辺りから姿を現し始める。友人も一頭目を採集し一安心して自分も採集開始!この場所ではオスの時期には来ていたがメスの時期には来た事が無く、この場所のメスは持っていなかった。オスは結構くたびれた個体が多いがメスは綺麗な個体が多い。ヒヨドリバナで吸蜜する個体や、白い花で吸蜜する個体、追いかけっこをする個体と様々だ。
b0368380_22460329.jpg
嬉しい黄紋型!!!
b0368380_22593749.jpg
翅を開くと眼状紋が過剰に出た個体!!良いねぇ!!!
b0368380_23002224.jpg
b0368380_23032764.jpg
裏面の白い帯が流れたようになった個体が多いのも特徴ですな。
取り込みをやっている傍から次々と現れ笑いが止まらん状態!やっぱりベニヒカゲ採集はこうでなくちゃ!色々変異も多くて採っていて飽きない。ベニヒカゲは沢山採って並べて楽しむ蝶だと改めて認識したのであった。
b0368380_23491618.jpg
b0368380_23493176.jpg
b0368380_23074517.jpg
友人には突発的なベニヒカゲ採集にも関わらず同行して色々良くして頂き、楽しい採集を過ごす事が出来た。この場からですがお礼を申し上げます。

[PR]
# by erebia_tenninkyou | 2018-08-19 23:33 | ベニヒカゲ | Comments(0)

8月までを振り返る

b0368380_01011995.jpg
3月から始まった今シーズンですが、今の所(8月16日現在)の採集に使った日にちは28日。昨年に比べればやや少ない(昨年はなんと31日!)ですが収穫はかなり大きかったです。ざっと上げると
・座間味・阿嘉のオキナワカラス
・阿嘉のオオゴマダラ異常型
・横須賀のヒメウラナミ異常型
・三浦半島産ミヤマカラス2箇所で採集(しかも3頭も)
・15年ぶりくらいヒメギフ
・ハチジョウカラス
・クモベニ
・北海道産クモベニ・ベニ
シジミは基本やらないので好きなカラス、ジャノメ類に偏り気味ですが、行く計画を立て出かけた種類は大方採集できています。

成果を上げる為に自分が続けている事は地元採集では同じポイントに時期を変えて何度も通い、その場所に居る蝶、テリトリーや蝶道の把握を行っている。その結果この時期はここでアレが採れる、この時期は行った事が無いので探索に行き確認・・・とここ数年繰り返しやっている。三浦半島産ミヤマカラスや迷蝶であるクロマダラソテツの探索もこの方法で見つけている。

遠征でラベルで目星が付く蝶はそれを見て、地図と睨めっこしてスケジュールを立てているが、離島や北海道等はまだ友人にお世話になる事が非常に多い。ただ友人に案内された場所で採集するのでは無く、その種類はどういった場所を好むのかを覚え考えながら採集をして、昨年の礼文・宗谷ではやっと自分でポイントを見つけ大量のベニヒカゲゲットとなった。

ダラダラ偉そうに書いているけど
・環境を知る。
・習性・生態を知る。
・発生時期を知る。
・慌てず一息置いてネットを振る。(一息が長すぎると逃げられる)
・そして運
・諦めの悪さ
ここら辺が蝶採りで成果を上げるのに大切な事だと思っている。その他にも適切な採集用具(ゼフには長い竿・速く飛ぶ蝶にはたわまない四つ折枠)とか有るけどこんなモノであろう。

写真は4年かかっても採ると言う諦めの悪さと、運が重なって採集出来た三浦半島産ミヤマカラス。

[PR]
# by erebia_tenninkyou | 2018-08-16 01:57 | Comments(2)

近況

b0368380_17335857.jpg
オオゴマダラ異常型(阿嘉島の怪物) 沖縄県島尻郡座間味村阿嘉島 2018.03.19 採集品

この間の北海道から採集行けていません。ベニヒカゲいい時期なので行きたいけど、今月・来月払いたくも無いけど払わなくてはいけない大きな出費があるので金銭的に出れてません。なので大人しく展翅やってます。昨年の礼文島のベニヒカゲ、ゴマ、今年のクモベニ、ハチジョウカラス、北海道採集品等をちまちま貼ってます。

けどもしかしたら8月中に1~2回ベニヒカゲ行くかも!

[PR]
# by erebia_tenninkyou | 2018-08-15 17:46 | 近況 | Comments(0)