5月5日三浦半島産ミヤマカラス★★☆!!!!!☆!!!!!

b0368380_19021852.jpg
横須賀市産東京湾側のミヤマカラス!!
GW後半戦の一発目は三浦半島のミヤマカラスアゲハ!ブログの読者なら分ると思うけど、数日前にとある場所に3回通って採集できてしまったのだが、自分が一番採集したかった3年ほど通っている場所がある。昨年はGW9日の休み中には7日間通いNullを味わった場所である。今日はのんびり起きてダラダラしていたら出発が10時前ポイント到着が11時過ぎと随分遅くなってしまった。オマケに風が強い。
自分がいつもやっている場所に陣取ると風がびゅんびゅん、蝶は飛んでても吹っ飛ばされていく。顔ぶれとしてはモンキアゲハ、カラスアゲハがメインでジャコウのメスが時々飛ぶ程度。サトキマとコジャノメは割と多く、もう春と言うより初夏の装いだ。蝶もアゲハ類は全般的に破損個体で、もう春のアゲハ類は終わりと言った感じである。
あまりにも何も居ないので移動、アカボシゴマダラの白い春型とゴマダラチョウが追いかけっこをしているが高いところを飛んでいるので採集できず、時折降りてくるアカボシを何頭か採集し吹き上がってくるカラスと遊んだりしていると、何か変な蝶が!ネットインすると・・・・
b0368380_19321052.jpg
ミヤマカラスやんけ!この間のタイプとは違って青っぽい感じの個体だ。
3年採集できなくて諦めたこの場所の蝶が今手中にある・・・感慨深い。こうなると欲深い自分の事である。完全にミヤマカラス狙いに移行。また暫くアカボシやカラス、ナミアゲハと遊んでいると・・・・
b0368380_19321499.jpg
もう一頭キター!!今度は緑系のカラー
この個体は後翅裏面の白い帯が殆ど無く、危うくリリースしかけてしまった。前翅表の帯と後翅表の帯を確認しないと分らない位であった。その後は風も強くなり日当たりも悪くなって飛来も無くなったのでここらで撤退。
本日得られた2♂を見るとサイズ的には先日の個体と同様の大きさであるが、後翅裏面の白帯発達が非常に悪い印象であった。こうなるとラストの一日もここでミヤマカラス狙いと行きたくなりますね。

[PR]
by erebia_tenninkyou | 2018-05-05 19:51 | 三浦半島の蝶 | Comments(0)